何に使える?Amazonギフト券の7つの使い道をすべて公開!

Amazonギフト券は何に使えるのか、自分の知らない使い道があるのではないかと思っていませんか。

Amazonギフト券に関連するサービスはだんだんと向上してきているため、少し前とは違う使い方ができるようになっています。

何に使えるかをすべて知っていたつもりでも、実は新しいAmazonギフト券の使い道が登場しているかもしれません。

この記事ではAmazonギフト券を何に使えるかを詳しくまとめました。

Amazonギフト券の7つの使い道を紹介するので参考にしてください。

Amazonギフト券は何に使えるの?

Amazonギフト券は何に使えるのかをまずは一覧にしました。

Amazonギフト券は以下の7通りの方法で使えます。

・Amazonでショッピングをする
・Amazonのデジタルコンテンツを利用する
・Amazonコインを購入する
・Amazon Payで支払いをする
・ギフトや景品などとして活用する
・Prime会員の月会費・年会費を支払う
・Amazonギフト券を換金する

Amazonギフト券にこれほどたくさんの使い方があると思わなかった人もいるのではないでしょうか。

以下ではそれぞれの項目について詳しく解説していきます。

Amazonでショッピングをする

AmazonでのショッピングはAmazonギフト券の最もよく知られている使い方です。

ここではAmazonでのショッピングにAmazonギフト券を使ったことがない人でもわかるように基本的なポイントを一通り紹介します。

Amazonのほとんどの商品を購入できる

Amazonギフト券による支払いはAmazonが販売している商品のほぼすべてに使えます。

実際の販売元になる業者がどこであっても関係なく、Amazonが売買の矢面に立っている商品なら購入可能です。

支払いはAmazonギフト券だけでも併用もできる

AmazonでショッピングをするときにはAmazonギフト券だけでも、他の支払い方法を併用しても構いません。

1,000円しかAmazonギフト券がないときに5,000円の商品を買いたいときには、残りの4,000円をクレジットカードなどで支払えば大丈夫です。

配送料やお急ぎ便などにも使用できる

Amazonギフト券は商品の代金だけでなく配送料などの付帯する費用にも使用できます。

通常会員でお急ぎ便を選ぶと費用がかかりますが、その分もAmazonギフト券で支払い可能です。

マーケットプレイスでは使えないことがある

Amazonギフト券はマーケットプレイスでは使えない場合があるので気を付けましょう。

マーケットプレイスでは出品者が個人またはプロマーチャント(大口出品者)の場合にはAmazonギフト券での支払いに対応していません。

店舗型出品者のときにだけ利用できる仕組みになっています。

Amazonギフト券の購入には利用できない

Amazonギフト券はAmazonギフト券の購入には使えません。

アカウントに登録されているAmazonギフト券残高を使用して、ギフト用にAmazonギフト券を買おうとしても無理なので注意しましょう。

Amazonギフト券と他の商品を一緒に買おうとしたときには、他の商品にもAmazonギフト券を使えません。

カートを分けて決済する必要があります。

Amazonのデジタルコンテンツを利用する

Amazonギフト券はAmazonのショッピングだけでなくデジタルコンテンツにも利用できます。

Amazonのサービスが拡張されるにつれてAmazonギフト券で支払いが可能なコンテンツも増えてきました。

デジタルコンテンツでの使い方のポイントを確認しておきましょう。

電子書籍やビデオや音楽の購入に利用できる

Amazonギフト券はKindleの電子書籍、Amazon Videoのビデオ、Amazon Musicの音楽などに利用できます。

購入だけでなくレンタルにも利用可能なので、デジタルコンテンツの楽しみ方に応じてレンタルもするとAmazonギフト券を有効活用できるでしょう。

一部のコンテンツはAmazonギフト券に対応していない

AmazonではあらゆるサービスでAmazonギフト券を利用できるわけではありません。

デジタルコンテンツでも支払いにAmazonギフト券を使えない場合があります。

例えばAudibleのオーディオブックの月会費の支払いなどにはAmazonギフト券が対応していません。

だんだんと利用範囲は広がっているので、今後は使えるようになる可能性もあるでしょう。

Amazonコインを購入する

Amazonギフト券はAmazonコインの購入に使用できます。

AmazonコインはAmazonアプリストアで使用できるコインです。

有料アプリの購入やアプリ内課金の支払いに使用できる通貨になっています。

Amazonギフト券でAmazonコインを購入する際に知っておくと良いポイントをまとめたので参考にしてください。

Amazonアプリストアで500コインから購入できる

Amazonギフト券を使えばAmazonアプリストアで500コインから50,000コインまでAmazonコインを購入できます。

1コインは1円で消費税はかかりません。

Amazonコインには有効期限がないので、アプリで使用するならAmazonギフト券をAmazonコインにしておくのも賢い方法でしょう。

Androidにしか対応していない

AmazonコインをAmazonギフト券で購入するときにはスマホのOSに注意が必要です。

AmazonアプリストアはAndroidにしか対応していないので、iOSの場合には使えません。

Androidの端末があればAmazonギフト券でAmazonコインを買えますが、AmazonコインをiPhoneで使いたいと思っても無理なので気を付けましょう。

Amazon Payで支払いをする

Amazon PayでAmazonギフト券を使って支払いをすることができます。

Amazon PayはPayPayなどと同じ決済サービスです。

Amazonギフト券の利用もできるようになり、利用価値が飛躍的に向上しています。

Amazon PayでのAmazonギフト券の利用について詳細を見ておきましょう。

Amazonギフト券をアカウントに登録すれば支払いに使える

Amazon PayでAmazonギフト券を使用するにはアカウントに登録するだけで構いません。

支払い方法としてAmazonギフト券を選んでおけば、Amazon Payで決済をしたときにAmazonギフト券を使えます。

優先して使う設定をしておかないと登録しているクレジットカードでの支払いになってしまうので注意が必要です。

ECサイトでも店舗でも利用できる

Amazon Payを利用するとECサイトだけでなく店舗でもAmazonギフト券を使えます。

2018年からQRコード決済に対応したからです。

店舗ではスマホを使ってQRコードを表示し、レジで読み取ってもらうと支払いができます。

ECサイトならログインした状態で決済方法として「Amazon Pay」を選ぶだけで構いません。

150以上のストア・店舗で利用できますが、一部、Amazonギフト券に対応していないところもあるので気を付けましょう。

ギフトや景品などとして活用する

Amazonギフト券はギフト目的で利用できます。

Amazonギフト券はAmazonのオフィシャルサイトで購入してギフトにすることが可能です。

コンビニなどの店頭でも販売されています。

また、イベントの賞品や景品などとしてAmazonギフト券を利用することもできます。

ギフトとしての使い方についても詳細を見ておきましょう。

EメールタイプはメールかSMSで送信できる

Amazonギフト券はEメールタイプが人気です。

ギフトとして贈りたい相手のメールアドレスか携帯電話番号がわかれば気軽に送信できます。

さまざまなデザインのAmazonギフト券があり、メッセージも添えて送れるのが魅力です。

1年後まで送信日をスケジュールできる仕組みになっているため、来年の誕生日に贈るAmazonギフト券を今から買っておくこともできます。

印刷タイプは自分で印刷して使用する

印刷タイプのAmazonギフト券は自分で印刷してギフトにできるのが特徴です。

Amazonのオフィシャルサイトで注文するとすぐにメールでデータが届きます。

自宅のプリンターやコンビニのマルチメディア端末を利用して印刷したら、すぐに相手に手渡しできます。

一緒に贈りたいものがあるときや、自筆の手紙を添えたいときにも使いやすいAmazonギフト券です。

配送タイプはAmazonから直接送れる

Amazonギフト券には以下のようにさまざまな種類の配送タイプがあります。

・商品券タイプ
・ボックスタイプ
・封筒タイプ
・カタログ型ギフト券
・グリーティングカードタイプ
・マルチパック

配送タイプはAmazonから相手に直送できるのが魅力です。

お急ぎ便なら当日または翌日の到着なので、急いで送らなければならないときにも安心です。

また、商品券タイプやマルチパックを自分宛に送ってもらって、景品や返礼品などに使用することもできます。

店頭販売のAmazonギフト券は気軽に使える

Amazonギフト券は店頭で購入すると誰でも登録できます。

コンビニやドラッグストアなどで気軽に購入してプレゼントできるので便利です。

友だちからもらったけれど使わない、懸賞で当たったけれど使い道がないという人も、他の人へのギフトとして活用できます。

チャージタイプは自分にしか使えない

Amazonギフト券のチャージタイプは自分のアカウントに直接残高を追加する方法なのでギフトには使えません。

Amazonギフト券を購入するときには注意しましょう。

Prime会員の月会費・年会費を支払う

Amazonギフト券はAmazonのPrime会員の会費を支払うのに使えます。

Prime会員になると限定サービスを利用できたり、通常は有料のサービスを無料で使えたりするのが魅力です。

Prime会員には以下のように月額プランと年額プランがありますが、どちらでもAmazonギフト券で支払えます。

プラン 回避 年間料金
月額プラン 500円(税込) 6,000円(税込)
年額プラン 4,900円(税込) 4,900円(税込)

Amazonギフト券を換金する

Amazonギフト券の使い道が見当たらないときには換金するのも手です。

Amazonギフト券はお金と同等の価値があるギフト券なので、やり方によっては現金にできます。

AmazonではAmazonギフト券の現金化目的での利用を禁止していますが、実際には換金することが可能です。

2通りのやり方があるので概要を確認しておきましょう。

家族や知人に依頼する

家族や知人にお願いしてAmazonギフト券を換金する方法があります。

カードタイプなどの誰でも使えるAmazonギフト券なら買い取ってもらうのがスムーズです。

アカウントに登録済みのAmazonギフト券の場合には、欲しい商品を買う代わりにお金を払ってもらうやり方があります。

売買サイトや買取サイトを利用する

Amazonギフト券の売買サイトや買取サイトを利用すれば、オンラインで簡単な手続きをするだけで換金できます。

Amazonギフト券は換金率が80%前後の高水準です。

Amazonでは禁止されているので自己責任でおこなう必要がありますが、Amazonギフト券の使い道がないときには検討してみましょう。

Amazonギフト券の使い道はたくさんある

Amazonギフト券は何に使えるかがわかったでしょうか。

Amazonギフト券にはさまざまな使い道があります。

もらったときにはどの使い方が良いかをよく考えて決めましょう。

Amazonギフト券を買って使う方法もたくさんあるので、ギフトだけにこだわらずに使いこなしていくのがおすすめです。

Amazon PayのようにAmazon以外でも利用できるサービスも登場しているので、Amazonギフト券を有効利用していきましょう。

カテゴリー: amazonギフト券雑学 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。